【無料】CDをハイレゾ化する方法 DSD編



今話題のハイレゾ音源。
手持ちのCDをアップコンバートしてリッピングすることでこちらの記事でわかったとおり高音質の
ハイレゾ音源が無料で楽しめることがわかりました。
【無料】CDをハイレゾ化する方法 FLAC編

ではCDからFLACよりも更に高品位とされるDSD音源(DSDディスク)を作成し、
自宅オーディオでしっかりと楽しんでやろう!というのが今回のねらい。

DSD音源については下記URLに詳しく説明されています。

http://ascii.jp/elem/000/000/769/769050/index-4.html

DSDディスクを作れば、なんとPS3(プレステ3)で再生ができてしまうのもポイントの1つ。

さて、手持ちのCDを利用してDSD音源を作るためには、一旦CD音源をWAVにリッピング

を行い、リッピングしたWAVをアップサンプリング(アップコンバート)する必要があります。

※尚、ハイレゾ化をググるとaudiogateというソフトを利用する記事を目にしますが、
このソウトは現在2万円ほどの有料ソフトとなってしまい、無料利用はできなません。

CDを無料でハイレゾ化する方法 DSD編

利用するソフトウェア(ツール)
・dbPoweramp CDRipper
・WAV2DFF
・Wave To Dsdiff Converter - Version1.5 - GUI
・dff2dsf

�CDをWAVEにリッピングする
ここで利用するのがdbPowerampのCDRipperというソフトです。
CD Ripperで16bit 44.1KHz 1411kbpsの設定でWAVにリッピングします。
このリッピングの設定96kHzなどにアップしてしまうとプレステ3では認識しませんのでご注意を。

このソフトのおすすめポイントはメタデータがきっちりと編集できるところです。

ダウンロードはこちら
https://www.dbpoweramp.com/cd-ripper.htm
CD Ripperのセットアップの参考にしたのはこちらのサイトです。
http://blog.livedoor.jp/jijijolno/archives/1011824383.html

�WAVEファイルをDSDファイルに変換する
WAVEファイルをDSDファイルに変換するツールがAma Ama Audio Visual というサイトで
公開されているWAV2DFFというプログラムです。
こちらはコマンドプロンプトでの実行になるので少々知識が必要となります。
そこで登場するのがYUKI-SANのHPで公開されているwab2dff専用連携GUIプログラム
Wave To Dsdiff Converter - Version1.5 - GUIです。
これを以下のとおり設定します。


1.Wave To Dsdiff Converter - Version1.5 - GUIを動かすには.net Framework 4が
必要なのでPCに入ってない場合は.net Framework 4をダウンロートのうえインストールする。
2.それぞれのサイトよりZIPファイルをダウンロートして任意の場所に解凍します。



3.wav2dffGui.exeとsetting.txtをwav2dffが保存されているフォルダに移動する。





4.これがwav2dffのプログラムフォルダ完成の構成となります。



5.Wav2DffGui.exeを実行します。(ダブルクリック)



6.Optionsをクリックします。



7.任意のパラメータ設定を実施します。
基本的には赤枠で囲んだ項目を設定する形でよいと思います。


自分がやっている設定としては、oversampleを「/DSD64」、normalizeを「-5」又は「-10」
tap countを「/t:8192」で設定することで安定して変換できています。

尚、DSD128やDSD256に増やす場合は、tap countをそれぞれ倍の数値にします。
DSD64:8192 DSD128:16384 DSD256:32768 といった感じ。

※プレステ3でDSD音源を再生する場合はDSD64までしか対応していないようです。


8.Addをクリックして変換したいWAVファイルを選択します。



9.まとめて選択も可能です。



10.正しく選択できたら「Convert」をクリックして開始します。


11.これでしばらく待てばDSD(DFF)ファイルが完成します。
サイズによりますが、10曲程のアルバム1枚で約2時間で完了する感じです。

※WAV音源によっては変換に本来15分程かかるものが3分程度と早く処理完了するが
 DFFファイルが生成されないという事例があります。(画面エラー表示なし)
 動きとしては変換中にエラーが出た際、処理を打ち切って次の処理に進むらしいです。
 その際は対処としてnormalizeを-5ずつ下げて処理を試すとうまくいくようです。
  (自分の場合は-5から-10くらいが安定しています。)
 

�DFFファイルをDSFファイルに変換する。(DSFファイルが必要な場合)

DSDファイルにはDFFとDSFの2つのファイル形式が存在します。

・DFF(DSDIFF)ファイルは音楽業界で結構広く普及しているファイル形式です。
・DSFファイルはSONY独自のファイル形式だそうです。

したがってソニーの機器(PS3等)でDSDを再生する際はDSF形式が必須となります。
 
  1.追憶伝来のサイトにて変換プログラムdff2dsf_v0900.zipをダウンロードします。 

  2.ダウンロードしたzipファイルを任意の場所に解凍します。

  3.変換したいDFFファイルをdff2dsf.exeに直接ドラグ&ドロップすれば、1曲10秒程
    で変換が完了します。(ダブルクリックじゃないのでご注意を!)




�DSDファイルをDVDに書き込む。
書き込む際、普通のデータDVDとして書き込めばOKですが、ひとつ注意するポイントとして
第一階層にDSD_DISCフォルダ作成し、その配下にアーティスト名のフォルダまたは直接
DSDファイルを保存する必要があります。



以上でDSDディスクの完了です。

少々手間ではありますが、完全無料で高音質のDSDディスクを楽しめます。
ぜひぜひお試し下さい^^






ハイレゾDSDまで対応するUSB-DAC搭載ヘッドフォンアンプ HP-A4
PCオーディオの本命かと^^

PCオーディオ用のUSB-DACとして定番のPC100USB-HR
PCM 24bit/96kHzハイレゾ対応機。まずはこれから入門するとよいです。


ビクターの木製カナル型ヘッドフォンHAFX850
木が奏でる臨場感と遠近感、そして解像度は耳からウロコですよ。 


行き着くところはココ MDR-CD900ST
永遠の定番、モニターヘッドフォン