【無料】CDをハイレゾ化する方法 FLAC編(ハイレゾ音源の作り方)【2017年7月更新】




CDを無料でハイレゾ化する方法FLAC編

デジタル家電やオーディオ業界ではハイレゾが普及し
浸透してきました。
自分も家電量販店でハイレゾウォークマンの試聴をした際
その解像度や深みなど音質の良さに愕然としたものです。

普及のおかげで配信されているハイレゾ音源の数も随分と
増えてきました。
しかし、自分の好きなアーティストの音源が全てあるかと
いえば、全部が全部ハイレゾ化されることは無い訳で。

また音質が良いとはいえ、持っているCDのハイレゾ音源
を買いなおすのもなんだかなぁ・・・と本音^^

そんな中で見付けたのが、

CDをハイレゾ化してしまおう!

という発想の記事。


CDの16bit 44.1kHzのデータをソフト的に24bit 96kHzに
アップサンプリングしてしまおうというもの。

疑似レゾとも表現されるやつです^^



スポンサーリンク



アップサンプリングして音は良くなるのか?

この手法については、元々無いデータをソフト的に
作っても意味なしと机上の空論で異を唱える人も
多いのですが、自分自身、実際にしっかり聞き比べ
してみた印象は・・・

今まで聴こえなかった音がしっかり聴こえる。
ひとつひとつが細かな音が繊細に聴こえる。

それも劇的変化としてわかりました。

百聞は一見にしかずとは、まさにこのこと!
実際に音が良くなってしまったのですから、
理屈じゃないんだなぁと実感した次第。


アップサンプリングで音は良くなります。


以下に、無料でCDからハイレゾ音源を作る方法を
ご紹介したいと思います。





ハイレゾ音源の作り方


利用するソフトウェア(ツール)
・dbPoweramp CDRipper
・Media Go



dbpowerampでCDをハイレゾ化する


ここで利用するのがdbPowerampのCDRipperというソフトです。
このリッピングソフトのおすすめポイントは
メタデータがきっちりと編集できるところです。


ダウンロードはこちら

https://www.dbpoweramp.com/cd-ripper.htm


ただ、上記サイトは凄くわかりにくいので(;^ω^)

CD Ripperのインストールからセットアップ、設定
ハイレゾ化までを下記ページでまとめ直しました。
CDをハイレゾ化する方法(FLAC編)

こちらはMedia Goを使わずdbpowerampのみで
ハイレゾ化する方法となります。
Media Goよりもノイズが少ないことがわかったので、
今はこちらのdbpoweramp利用をオススメします。







Media Goを使ってみたい方は下記に進んで下さい。

Media Goを使ったFLAC変換方法


まずdbpowerampのインストール設定、リッピング
までを下記ページを参考にして、WAVを作成します。

CDをリッピングする方法

リッピング完了し、WAVが準備できたら、
リッピングしたWAVをMedia Goを使ってFLACに変換します。

 Media GoはSONYが無償提供しているツールです。
ダウンロードはこちら
http://mediago.sony.com/jpn/

Media Goを起動して、リッピングしたWAVEファイルを選択。


右クリック→ツール→ファイルの変換 を選択します。



フォーマット:FLAC、品質:96kHz/24bit、音量をノーマライズをチェックし、変換をクリックすると開始します。
変換はアルバム1枚あたり3分程度でしょうか。


変換が完了したFLACファイルを選択し、右クリック→アルバムアートワークの取得、及び不明なプロパティの取得を
選択することでアルバムジャケットやタグ情報がFLACファイルに埋め込まれます。



こんな感じです^^


以上でハイレゾFLAC音源の完成です。

まとめ


MP3とWAVE(44.1kHz 16bit)ではWAVEの音質のほうが良いです(当然ですね)


ここから実際に耳で聴き比べ。

WAVE(44.1kHz 16bit)とWAVE(96kHz 24bit)の比較ですがWAVE(96kHz 24bit)の圧勝。
これは全くの別物でした。高音が滑らかで解像度もアップ、今まで聞こえなかった音が聞こえます。
本当に一聴して違いが歴然なレベルなのには驚き。
この透明感は一度聴くとハマりますよ。

WAVE(96kHz 24bit)と、それを変換したFLACの比較ですが、差は聴き取れず同じレベルかと。

ではmoraやe-onkyoで配信されているFLAC音源と同等なのかといえば、そうではないそうです。
メーカーが専用の機材とサンプリング技術を使って配信されているので音場の広さや滑らかさの
レベルが違うそうですね。

ただ、個人的にどこまで求めるかによりますが、アップコンバートして作ったハイレゾ音源でも
圧倒的な高音質で十分に満足できるレベルになりますので、手持ちのCDを無料でハイレゾ化する
この方法は価値ありと思いますよ〜。

手持ちCDやレンタルCDをハイレゾ化して楽しむなんてコスパ最高でしょ^^

いい情報は共有していきましょう♪





1万円台でリケーブル対応のハイコスパ製品 大注目製品です!



注目のハイレゾウォークマンA45 DSD対応でこの価格!
PCオーディオの本命かと^^



パイオニア初のDAP XDR-30R
バランス接続対応。音質の高さに評価高い機種。