CR-01 スケールクローラー



CR01スケールクローラーの検索が
結構多いようなので~
自分のスケールクローラー化したCR01を
紹介してみたいと思います。



スポンサーリンク






CR-01のランクル40ですが、スケール的に
色々と不満点があるんですよね。
例えばタイヤサイズとかホイールベース、
サーボの位置などの見た目ですね。
あとカンチレバー式の足回りも・・・。

丁度組みあがった頃のCR-01がこちら。


スケールクローラー化したCR01がこちら。



ボディを外すとノーマルはこんな感じ。

スケールクローラーとしてカスタムしたシャーシがこちら。


CR01はホイールベースが長いので、リヤタイヤが
ボディから後ろにはみ出てしまいます。
CR01のフレームにはいくつもの穴があるので
穴をうまく利用してホイールベース短縮。
更にスキッド(モーターマウント)位置を高く移動。

カンチレバー式のサスを排除。
ダンパーは本物風にペイントしショックブーツを
装着してスケール感演出。

ダンパーステーはホームセンターで適当なステー
を仕入れて作りました。 (かなり適当)

 リヤのダンパーはこんな感じに装着。
(こちらもかなり適当)


CR01のサーボは正面から丸見えで、
スケール感が全くないので、サーボ位置を嵩上げしました。

自作バンパーの下に隠れるように設置しています。


一応ホーシングが見えるようになりました。
これだけでも随分と見た目が違います。



フロントバンパーもホームセンターから
アルミ部材を買ってきて自作しました。

アルミのフロントバンパーは染めQという
塗料で塗装しました。
黒く塗装したアルミバンパーは石などに
接触すると色が剥げて味になります^^

バンパーの上にはウィンチを装着しています。

剥げて味になるといえばボディも同じ。


ボディは裏からタミヤカラーのコッパー塗装。
ボディカラーは表塗りしています。
そうすることで、ボディに傷がつくと表塗り
部分が剥がれて裏のコッパーが現れて錆びの
表現ができて面白かったりします。

画像の塗装が剥がれて錆が浮いてきた感じ
なかなかいいでしょ?

その他、錆塗装や汚し加工を施しています。

味が出てくると、ポリカ感は完全に消えて
とても幸せになれます(´▽`)


こちら1.9インチのホイールとタイヤ。


ホイールは本物のてっちん(鉄)です。
実際の走行で出来た傷に水をつけて放置
していると本物の錆が出てきました♪

錆が出たてっちんホイール
めちゃくちゃカッコイイと思います。



さて。
実際の走破性といいますと、CR01として
考えると走破性は落ちます。
逆にスケールクローラーとしては
登り過ぎないくらいがリアルで楽しいのだと思います。

オフシーズンはこうやって部屋に飾っております(´▽`)